6歳臼歯を大切にしましょう

【6歳臼歯を大切にしましょう】

「6歳臼歯」って何?
  1. 永久歯の中で最も早く、6歳ごろにはえてきます。
  2. 永久歯の中で最も大きい歯で、かむ力が最大です。
  3. 乳歯から永久歯にはえかわる時期のかみ合わせの中心となる歯です。
  4. とてもむし歯になりやすい歯です。

かむ力が大変強く、自分の体重と同じ位の力がかかります。

乳歯のうしろにはえている6歳臼歯
(すでに6歳臼歯はむし歯になっています。)

どうして「6歳臼歯」はむし歯になりやすいの?
  1. はえはじめからおわりまでに、数ヶ月からながい場合で2年ほどかかります。
  2. はえてしばらくの間、表面のかたさが不十分なところがあります。
  3. かみあわせの面のかたちが複雑です。
  4. はえる途中では、乳歯より一段低く、ハブラシがうまくとどきません。
  5. 乳歯のうしろにはえるので、見落としがちです。

歯ブラシがよく届かないので、食べかすが残ります。

6歳臼歯をむし歯から守るために。
  1. はえ始めたらフッ素を塗ってもらいましょう。
  2. 歯ブラシの毛先が歯の表面に、きちんと当たるように工夫をして磨きましょう。
  3. 手前の乳歯がむし歯になると、6歳臼歯もむし歯になりやすくなります。
  4. あまいもの、歯にくっつきやすいもののとりすぎに注意しましょう。
  5. 定期的に、かかりつけの歯医者さんで健診を受け、歯をけずらなくてすむようにしましょう。